開店前

風俗業界の中に、唯一本番行為がサービスに含まれている「ソープランド」という風俗店が存在しています。
本番行為がある風俗店ということで、今でも男性客には根強い人気があるのです。
お店に訪れるお客様というのは、女の子から接客を受けている間にしかお店の中にはいることができません。
そうなれば、「ソープランド」の一日の流れということをどうしても知ることはできないと思われます。
果たして、「ソープランド」の一日というものはどういったことになるのでしょうか。

最近は、早朝サービスなどを実施している店舗がありますが、元々「ソープランド」というのは昼前くらいのオープンが一般的になります。
男性スタッフは、開店数時間前に出勤してお店を開け、掃除やレジの準備、ボイラーの確認などからスタートします。
割り当てられた女の子の送迎などがあれば、自宅まで迎えに行き一緒に出勤する場合もあるそうです。

多くの店舗は複数でスタッフが常駐していますので、一段落つけば必要な買い物などに行きます。
ある程度しきれる幹部スタッフなどが予約の確認にあたり、また予約電話の応対がこの頃から始まります。
この対応は非常に大切であり、お客様から見るお店の印象を左右してしまうものなのです。

開店時間が近づくとお店を開ける準備をし、いざ開店となり、その頃に女の子も出勤し始めお客様の受け入れ状態がスタンバイしてくるのです。
これが大まかな開店前のお店の流れとなります。